.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年2月13日

GlobalFoundries、各地製造拠点の増強を計画

 米GlobalFoundries社は2017年2月9日、世界の製造拠点の増強計画を発表した。米国、ドイツの既存最先端工場への投資、中国・成都工場の拡張、シンガポール工場での主力技術対応生産能力の追加などを行う。
 米国ニューヨーク州のFab8では、新しい生産設備を追加、14nm FinFETプロセスに生産能力を20%増強する。追加される新しい生産能力は2018年までに稼働を開始する予定である。なお、これまでの8年間で、総額約130億米ドルの投資を行っている。
 ドイツでは、ドレスデンのFab1では、22FDX 22nm FD-SOIの生産能力を構築する。これにより、2020年までに同工場の生産能力を40%増強する計画である。また、次世代12nmプロセス技術「12FDX」のテープアウトを2018年半ばまでに開発する計画である。
 中国では、同社と成都の市政府と提携、300mmウェーハ工場の建設を計画している。この新工場は2018年には22FDXプロセスでの製造を開始する予定。さらに2019年には本格量産を開始する計画である。
 シンガポールでは、300mmウェーハによる40nmプロセスの生産能力を35%増強する。また、200mmウェーハによる180nmプロセスでの製造を増強する。さらにRF-SOIテクノロジの生産能力を追加する。

URL=http://www.globalfoundries.com/newsroom/press-releases/2017/02/08/globalfoundries-expands-to-meet-worldwide-customer-demand









 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向