.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年2月7日

新電元工業の16年度3Q累計業績は大幅な減収減益

 新電元工業は2017年2月6日、2016年度第3四半期累計(2017年4月〜12月)業績を発表した。同期売上高は前年度比11.7%増の632億6800万円、営業利益は同45.7%減の24億1600万円、純利益は同48.2%減の14億8200万円となった。
 デバイス事業の売上高は同3.4%減の220億2600万円(前年同期比3.4%減)、営業利益は同49.2%増の23億1400万円となった。家電市場においては空調機向けが堅調に推移、自動車市場や産業機器市場向けも概ね底堅く、数量面では前年同期を上回った。しかし、円高に伴う海外売上高の目減りにより、全体では減収となった。一方、損益面においては増産効果が出たことに加え、経費抑制や生産性改善などコスト削減も進めた結果、増益を確保した。
 2016年度通期業績は、売上高が前年度同期比11.3%減の870億円、営業利益は同倍増の24億円、純利益は同4.3倍増(434.0%増)の13億円としている。

URL=http://www.shindengen.co.jp/ir/pdf/IR20170206.pdf









 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向