.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年1月27日

東芝、メモリ分社化を決定

 東芝は2017年1月27日、社内カンパニーであるストレージ&デバイスソリューション 社のメモリ事業(SSD事業を含み、イメージセンサ事業を除く)を会社分割により分社化す る方針を、決定したことを発表した。本会社分割により移転する資産などにつきましては、本会社分割後のメモリ事業の事業運営に支障のないよう、慎重に精査している。
 今回の会社分割では、2017年3月下旬に当社臨時株主総会を開催し承認決議を取得することを予定している。  今回の会社分割の目的は、注力事業分野であるメモリ事業を注力事業領域と位置づけており、大容量、高性能な三次元フラッシュメモリの開発 ・立上げを加速し、安定的にストレージ需要の拡大に対応していくためには大規模な設備投資を適時に行うことが重要な課題となっている。そのため、メモリ事業を分社化することにより、メモリ事業における機動的かつ迅速な経営判断体制の整備および資金調達手段 の拡充を通じて、メモリ事業のさらなる成長、企業価値の最大化を図る。
 また、同社は、 2016年12月27日付「CB&Iの米国子会社買収に伴うのれん及び損失計上の可能性について」として公表しているとおり、当社のグループ会社であるウェスチングハウス社のCB&I ストーン&ウェブスター社の買収に伴うのれんが数十億米ドル規模(数千億円規模)にのぼる可能性がある。こののれんの減損損失の可能性を考慮すると、同年3月末までにグループの財務体質強化が必要であり、現在様々な資本対策を検討している。そのため、今回の会社分割において外部資本を導入し、資本の充実はかかることも視野に入れている。
 分割する部門の経営成績は、2015年度通期で連結売上高8456億円、連結営業利益は1100億円となった。

URL=http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170127_1.pdf








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向