.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年1月16日

東芝、65V/55V型の4K有機EL-TV発売

 東芝は2017年1月11日、4K(3840×2160)有機ELパネルと自社開発の専用映像処理エンジンを採用し、高いピーク輝度と濃密な黒の高いコントラストでクリアな臨場感あふれる映像美を実現したレグザ初の4K有機ELテレビ「X910シリーズ」2機種(65V型、55V型)を2017年3月上旬から発売することを発表した。
 新製品は自社開発の映像処理エンジン「OLEDレグザエンジンBeauty PRO」を搭載し、新開発の高コントラスト復元技術や熟成超解像技術などにより、特に映画やライブ映像などの高いクオリティの映像を臨場感あふれる高画質に映し出すことができるようにしている。
 「4K有機ELパネル」は、DCI-P3カバー率約100%の高い色域と約800nitの高いピーク輝度の画素をピクセル単位の細かさで輝度を制御する4K有機ELパネルを新開発の映像処理エンジンで制御することで、高いピーク輝度と濃密な黒の高いコントラストでクリアな臨場感あふれる高画質を実現している。
 さらに、高画質映像に没入できるよう、正面から見えないように配置された新開発のオーディオシステムと、画面と同一面で形成された高さ25mmのアルミ製フラッシュフロントスタンドで、最薄部6.5mmの薄い画面だけがわずかに浮遊して見える「ラウンジデザインコンセプト」を採用している。
 本シリーズは「スカパー! プレミアムサービス」、「ひかりTV」4K-IP放送にて放送される「HLG(Hybrid Log-Gamma:)」方式のHDR放送に対応するとともに「Netflix」、「ひかりTV 4K」にて配信されるHDRコンテンツやHDMIR接続時のHDR信号入力にも対応しており、さまざまなHDRコンテンツを楽しめる。
 
URL=https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20170111_01.htm








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向