.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年1月16日

STとValencell、高精度・高性能な生体センサ・プラットフォームで協力

 スイスSTMicroelectronics社と生体センサ技術の開発企業である米Valencell社は、生体センサを搭載したウェアラブル機器向けに、高い精度と拡張性を持つ開発キットを発表した。
 この開発キットは、STのターンキー・ソリューションである小型マルチセンサ・モジュール「SensorTile」とValencellの生体センサ・システム「Benchmark」を統合している。  SensorTile(サイズ: 約180mm2)は、小型のIoT機器開発用モジュール(13.5×13.5mm)で、高性能の32ビット・マイクロコントローラ(「STM32L4」)、Bluetooth Low Energy通信用IC、高精度なMEMSモーション・センサ(加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサ)、環境センサ(圧力センサ、温度センサ)、およびデジタルMEMSマイクロフォンを集積している。
 SensorTileは、2.4GHz無線ICと1チップ小型バランを含むBLEトランシーバを搭載し、さまざまなシステム・インタフェースを備えている。ホスト側のボードに簡単に接続でき、電源を入れるとすぐにSTのスマートフォン用アプリ(BlueMS)へ、慣性データ、音声データ、および環境データのストリーミングを開始する。
 ValencellのPerformTekセンサ・システムは、正確で堅牢生と柔軟性に優れた技術で、生体センサを搭載するヒアラブル機器やウェアラブル機器の普及を加速させる。この技術は、激しい身体活動の最中や光学的信号が弱い時でも、ウェアラブル機器やヒアラブル機器の継続的かつ正確な血流信号の測定を可能にする。これらの信号は、各種生体データ(連続心拍数、VO2(酸素消費量)およびVO2 max(最大酸素消費量)、安静心拍数、心拍数応答、回復心拍数、連続エネルギー消費量(カロリー消費)、心収縮効率、心拍変動など)に変換することができる。
 STのSensorTile開発キットとValencellのBenchmarkセンサ技術の組み合わせは、ウェアラブル機器にすぐに実装できるValencellのPerformTek技術パッケージが活用でき、革新的なウェアラブル機器やIoT機器の試作・評価・開発を簡略化する。STのSTM32マイコンおよびセンサは、ValencellのBenchmarkセンサ・システムに採用されているが、今回はその協力を強化する。

URL=http://www.st.com/content/st_com/en/about/media-center/press-item.html/t3898.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向