.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年1月5日

TI、自動車向けプロセサ出荷数が累計1億5千万個を突破

 米Texas Instruments(TI)社は2017年1月5日、OEM35社以上の自動車モデルにおいて、ADAS(先進運転支援システム)やデジタル・コックピットに搭載されてきたTIの自動車向けSoC製品の出荷が1億5千万個を超えたと発表した。TIの自動車プロセサは、自動車メーカー各社の様々な製品、システムやアプリケーションにわたって最大限の投資効率を可能にするスケーラビリティを提供し、製品の差別化をより容易にする。
 TIは、35年にわたる車載製品の専門知識と、全世界の自動車メーカー各社に数十億個のアナログや組込みプロセシング・ソリューションを出荷した実績を活用し、より安全なソリューション、および、より多くのコネクテッド・アプリケーションの供給を可能にする「TDA」と「Jacinto」ファミリの両プロセサ製品を開発してきた。
 増え続ける高機能・高性能に対する要求に応えるTIのオートモーティブ・プロセサSoCの『ヘテロジニアス・アーキテクチャ』の利点を活用することで、同一プラットフォーム上でのスケーラビリティを持った製品開発を可能にし、現行のソフトウェアへの投資を流用・最適化をすることができる。また、これらの技術は、複雑化した画像処理や認識処理等を同時処理することにも適しており、さらにはマルチOSやマルチドメインのソフトウェア・アーキテクチャを使用するソリューションにおいても高い電力効率を提供する。
   「TDAx」は、カメラによるフロント・ビュー(モノラル/ステレオ)、リア・ビュー、サラウンド・ビューやナイトビジョン・システム、マルチレンジのレーダーやセンサ・フュージョン・システムをはじめとしたADASアプリケーション向けに、共通したハードウェアとソフトウェアのアーキテクチャによりスケーラブルでオープンなソリューションを提供します。TIの「TDAx」は、ISP(イメージ・シグナル・プロセッサ)、EVE(エンベデド・ビジョン・エンジン)、DSPなど、個々の用途に特化したHWA(ハードウェア・アクセラレータ)を統合したヘテロジニアス・アーキテクチャにより、他の製品と差別化する特長を備えており、非常に複雑な画像処理や信号処理を低消費電力で実行するよう最適化されている。
 「Jacinto」プロセサ・ファミリは、インフォテイメント、インフォテイメント向けヘッドユニットのコ・プロセシング、サラウンド・ビューや歩行者検知、走行レーン検出などのインフォメーショナルADAS、統合デジタル・コックピット、デジタル・インスツルメント・クラスタ、ヘッドアップ・ディスプレイなど、多様な車載デジタル・コックピット・アプリケーションをサポートします。自動車の安全性、堅牢性のために設計されたJacintoのテロジニアス・アーキテクチャは、ハードウェア・ファイアウォールを含み、HLOSと安全性OSの間の分離、および、ASIL-Bの安全性認証水準を満たす、堅牢なマルチ・ドメイン・ソフトウェア・アーキテクチャの実装を可能にする。また、このプロセサ・ファミリは、他に例のない豊富な機能を備えた車内インフォテイメント、インスツルメント・クラスタやテレマティックス機能を次世代の自動車に搭載可能にする。Jacinto 6プロセッサ・ファミリは同一アーキテクチャで構築され、スケーラビリティを持つARM Cortex-A15によって、車載アプリケーション向けにソフトウェアとハードウェアの互換性を提供する。

URL=http://newscenter.ti.com/2016-12-22-More-than-150-million-Automotive-Processors-from-Texas-Instruments-drive-innovation-in-the-automotive-market-enabling-a-safer-and-more-connected-driving-experience








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向