.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年11月21日

TSMCが南京工場向けに24億NTドル相当の装置を発注

 台湾の大手ファンドリ企業Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) 社は2016年11月16日、中国・南京の工場(製造子会社)が中国・蘇州のTaiwan Puritic and L&K Engineering (Suzhou) 社に約24億台湾ドル(NTドル)相当の設備装置を発注したことを明らかにした。南京子会社では300mmウェーハ対応工場とデザインセンタを運営している。工場については、2018年後半から16nmプロセスの量産開始を予定しており、生産能力は月産2万枚を計画している。
 なお、TSMCでは2016年11月初めに、Jiangxi Hantang System Integrated、Marketech International、Uangyih-Tech Industrialに16億9000万NTドル相当の装置を発注している。
 TSMCは2016年11月14、15日で、23億9000万NTドルで米Applied Materials(AMAT)社に発注、さらに同月初めには、AMAT、Advanced Ion Beam Technology(AMATのイオン注入装置子会社)、Lam Research、Mattson Technology,東京エレクトロン、Yankey Engineeringに対して66億4000万NTドル相当を発注している。
 TSMCは2016年全体で95億米ドルの設備投資を計画している。

URL=http://www.digitimes.com/news/a20161116PM200.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向