.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年11月8日

ルネサス エレ、16年12月期2Q累積売上高は前年度比16%減

 ルネサス エレクトロニクスは2016年11月2日、2016年12月期第2四半期(2016年7月〜9月)業績を発表した。同期の全社売上高は1526億円で、前年度同期比15.9%減、前期比0.4%増となった。このうち半導体事業の売上高は1483億円で、前年度同期比16.2%減、前期比0.5%増となった。円高の進行、推進している汎用向け事業を中心とした非注力製品からの撤退が影響して、前年度比売上減となった。
 営業利益は74億円で、前年度からは162億円、前四半期からも40億円の減少となった。純利益は前年度同期比65.8%減(181億円減)の94億円となった。熊本震災、円高が影響して大幅な減益となった。設備投資額は297億円となった。
 自動車向け事業の売上高は756億円で、前年度同期比8%減、前期比3%増となった。売上高のうち車載制御分野向けが75%、車載情報が25%を占めている。また、注力製品の比率は98%に達している。
 汎用向け事業の売上高は722億円で、前年同期比23%減、前四半期比1%減となった。産業分野が30%、OA/ICT関連が25%、汎用製品が45%を占めている。また、注力製品比率は963%となった。
 2016年12月期(2016年4月〜12月)の業績見通しは、全社売上高4660億円、半導体売上高4530億円、営業利益は540億円、純利益370億円としている。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/ir/event/presentation.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向