.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年10月11日

ルネサス、400Gbps機器開発を短縮するリファレンスデザインを提供

 ルネサス エレクトロニクスは2016年10月11日、高速化・多様化する基幹通信分野のルータ・スイッチ向けに、通信業界最速クラスの400Gbps通信機器の開発期間を10ヶ月以上短縮することを可能にするネットワーク検索エンジンLSIのリファレンスデザインを提供開始した。ASICやネットワークプロセサのような専用LSIで構成する従来の400Gbpsネットワーク通信処理システムとは異なり、ユーザの独自機能を容易に組み込めるように、本リファレンスデザインは、ネットワーク検索エンジンLSI搭載評価ボードと、検索LSI制御IPが実装できるFPGAを利用した構成としている。このリファレンスデザインを利用することにより、ユーザはエンドポイントでの動画トラフィックなどの体感速度を向上させる400Gbpsシステムを早期に市場投入することができる。
 今回提供するリファレンスデザインには、高速パケット検索のできるルネサスのネットワーク検索エンジンLSI「R8A20686BG」を搭載した評価ボードと、ユーザがシステム開発時に参照できるリファレンスデータのみでなく、通常では開発に時間のかかる「検索LSI制御IP」と「制御ソフトウェア」も含んでいる。
 特長としては、(1)リファレンスデザインの提供により、ユーザはネットワーク検索エンジンLSIとFPGAの接続が検証されたボード環境、リファレンスデータ、および制御IPや制御ソフトウェアを利用することができ、400Gbps通信処理システムの開発期間を10ヶ月以上短縮させることが可能になる。(2)今回新たに開発した「検索LSI制御IP」により、ユーザはデバイス仕様に精通することなく1秒間に最大20億回データ処理(パケット検索)できるネットワーク検索エンジンLSIの性能を最大級に利用でき、400Gbps通信を容易に実現することができる。(3)同時提供の「制御ソフトウェア」により、ユーザは検索仕様の設定・変更をシステムプログラム上から実行でき、システムのハードウェア構成を意識せずに400Gbps通信の様々なアプリケーションに効率良く対応することができる。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2016/news20161011.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向