.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年10月4日

ISID、ローム/ラピス、作業車の屋内位置や稼働状況を可視化するIoTソリューションを開発

 電通国際情報サービス(ISID)、ロームおよびその子会社であるラピスセミコンダクタの3社は2016年10月4日、共同開発中のIoTインフラ「SynapSensor」を用いて、屋内で稼働する作業車の位置や稼働状況などをリアルタイムで可視化するシステムのプロトタイプを開発したことを発表した。同ソリューションのデモンストレーション展示はCEATEC JAPAN 2016のローム株式会社展示ブースで行われる。
 建設中のビル等の作業所では、高所作業車やフォークリフト等多数の作業車が同時に稼働しており、超高層ビルやショッピングモールといった大規模な作業所ではその数は数百台に及ぶ。これら屋内で稼働する作業車にはGPSが利用できず、位置情報の取得が困難なため、計画どおりのフロアや位置で稼働しているかどうかといった作業進捗が把握しづらく、また運転者のシフト交代時や急な作業変更が発生した際には、対象の作業車を現場で探し回る、といったことも日常的に行われている。また現場の使用環境や作業中に受けた衝撃等の情報もタイムリーに把握できず、車両ごとのメンテナンス時期の予測が立てづらいことから、運用の効率化が課題となっている。
 SynapSensorは、Bluetooth Low Energyと920MHz帯無線通信を用いて、安定した通信の下で消費電力の少ない大規模センサネットワークの構築を可能にするIoTインフラで、3社が共同開発し2016年度中の製品化を目指している。SynapSensorを用いることで、屋内で稼働する多数の作業車の位置情報がリアルタイムで取得できることに加え、様々なセンサデータを同時に収集できるため、周囲の温湿度、受けた衝撃回数、現在誰が運転しているか、といった稼働状況を併せて可視化することが可能となる。これにより、現場作業やメンテナンスの効率化、車両の最適配置につながることが期待される。

URL=http://www.lapis-semi.com/jp/company/news/news2016/r201610_1.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向