.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年10月3日

ミツミ電機、リチウム2次電池向け保護ICを発表

 ミツミ電機は2016年10月3日、リチウムイオン/リチウムポリマ2次電池セル用保護ICの新製品「MM3855」シリーズを発表した。新製品は、電池の高容量化や急速充電に伴う大電流化の市場動向に対して、異常温度の検出機能と過電流保護の高精度化により、セットの常用電流を確保するとともに、より安全な領域で異常電流を遮断することをコンセプトとした製品となっている。
 セルの過充電、過放電および過電流の保護機能を内蔵、また外付けNTCにより充放電時の異常温度を検出して電池パックを保護することができるようになっている。また、3段階の放電過電流保護(過電流1、過電流2、短絡保護)、強制充放電禁止機能を内蔵している。
 主な仕様は、過充電検出が4.1〜5.0V(5mV steps) 、精度±20mV。過放電検出 2.1〜3.0V(50mV steps)で精度は±35mVとなっている。放電過電流検出電圧は6m〜100mV(1mV steps)で、精度±2.5mVとなっている。サイズは1.6×1.6×0.55 (W×D×H) mm 。

URL=http://www.mitsumi.co.jp/news/2016/mm3855.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向