.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年10月3日

ルネサス、小型センサ・ハブ向けローエンドマイコンを発売

 ルネサスエレクトロニクスは2016年9月29日、センサ応用システム、なかでも複数のセンサにつながり、センサの出力信号をデジタルデータに変換するセンサ・ハブと呼ばれる機器向けに小型パッケージのローエンド汎用マイコン「RL78/G11」を開発し、本年10月よりサンプル出荷を開始する。
 新製品は、産業分野ではデータセンタの熱対策に向けたコンピュータの稼働環境モニタ、ヘルスケア分野では健康管理のウェアラブル機器、農業分野ではビニールハウスや植物工場の環境センサなど、さまざまな分野で使用される小型のセンサ・ハブに向けて開発されたもの。以下のような特長を持つ。
 (1) パッケージの端子数が24ピン以下のマイコンでは業界最多クラスとなる最大13個のセンサに対応している。端子数24ピン/25ピン製品ではアナログ入力11チャネル・シリアル通信6チャネルを搭載。小型パッケージながら最大で13センサからの信号入力に対応する。センサからの信号入力は、スタンバイ状態でも動作する内蔵アナログ機能、シリアル通信(受信)機能での処理により、複数センサのシステムでも省電力な制御が可能。さらにスタンバイ状態からCPU動作へ4μsでの高速ウェイクアップおよびCPU動作状態を最適化するフラッシュ動作モード遷移など、省電力に貢献する機能を有している。また、電源電圧1.8Vから動作する内蔵の定電圧を基準に、バッテリ電圧の計測・センシングが可能。これらの活用により、間欠動作の消費電力を削減し、センサ・ハブやセンサ応用システムの省電力化・バッテリの長寿命化に貢献する。
 (2) 手軽な開発環境の提供により試作および評価の期間を短縮。
 このほかにも、相補型PWM出力/強制遮断に対応するタイマ機能、ハードウェアの不正動作を検知・診断する安全機能、多チャネルのシリアル通信機能、フライバック制御に対応するタイマ機能、割込み信号を外部端子に直接出力するINTFOなど、民生・産業機器で役立つ多くの機能・特長を持つ。
 新製品のサンプル価格は、例えば20ピンLSSOPパッケージ・民生機器向けの「R5F1056AASP」が120円/個(税別)です。量産は本年12月より開始し、2018年には月産50万個を計画しております。評価ボード、開発ツール、ソフトウェアなども順次提供する計画。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2016/news20160929.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向