.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年9月30日

三菱電機、センチメータ級測位補強サービスでスイスu-bloxと連携

 三菱電機は2016年9月30日、準天頂衛星システムの利用拡大を推進するために、自動車向け測位用・ワイヤレス通信用半導体分野で世界大手メーカーのスイスu-blox社と、「センチメータ級測位補強サービス」対応の自動車向け受信チップの開発で連携することに合意したことを発表した。
 内閣府宇宙開発戦略推進事務局が現在整備を進めている準天頂衛星システムの提供サービスの一環として、センチメータ級の高精度測位を可能とする「センチメータ級測位補強サービス(CLAS)」の開始が2018年度から予定されており、自動車の安全運転支援や自動運転をはじめとするさまざまな分野での利用が期待されている。
 CLASは、準天頂衛星から配信される測位補強データ(L6信号)を受信することで利用できます。三菱電機はU-bloxのL6信号対応の自動車向け受信チップ開発に技術支援を行っていく。
 CLASを開発した三菱が保有する高度な衛星測位技術と、U-bloxの保有する自動車分野における豊富なチップ開発のノウハウを生かして、U-bloxがL6信号対応の自動車向け受信チップを開発する計画。
 三菱電機は、L6信号対応の受信チップを高精度ロケータ3などに適用して、自動車の安全運転支援や高精度な自動運転など自動車分野へ展開するとともに、引き続き、さまざまな分野における準天頂衛星システムの利用拡大に貢献していく。

URL=http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2016/0930.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向