.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年9月28日

Linear Technlogy、精度1dBとダイナミックレンジ35dBのRMSパワー検出器発表

 米Linear Technology社は2016年9月26日、変調方式や波形に関係なく、RF信号やマイクロ波信号に対して高精度な真の電力測定を行う、高周波、広帯域、高ダイナミックレンジのRMSパワー検出器「LTC5596」の販売を開始したことを発表した。LTC5596の1000個時の参考単価は、Iグレードが12.50米ドルから、Hグレードが16.95米ドルから。
 LTC5596は、全動作温度範囲、ならびに200MHzからこれまでにない30GHzまでの広いRF周波数範囲にわたり、誤差が±1dB以内という高精度を維持しながら、使いやすい29mV/dBのログリニア・スケールで−37dBm〜−2dBmの信号レベルに応答する。また、LTC5596の応答は、この周波数範囲にわたって±1dBの平坦性を示す。さらに広い100MHz〜40GHzの周波数範囲を使用することもできるが、周波数範囲の両端で精度がわずかに低下する。RF入力は100MHz〜40GHzの範囲にわたり内部で50Ωに整合するので、有効な周波数範囲のどの帯域でも非常に使いやすいデバイスになっている。
 最新の4Gや5Gのブロードバンド通信システムでは、必要な高いデータレートを得るために、高次のマルチトーンOFDM変調を採用している。従来は、検出素子としてマイクロ波用ショットキ・ダイオードが使用されてきた。このようなショットキ・ダイオードは、波形のピーク値のみを測定しながらRF信号またはマイクロ波信号を検波するために、実際の信号電力を著しく誤って伝えるという重大な欠点がある。これに対し、RMS検出器は、変調方式、搬送波の数、振幅変化に関係なく、波形のアナログ二乗平均平方根を計算した後、結果を平均化して、入力信号の真の電力を示す。真の電力を測定できることは、装置メーカーが適切な送信電力を設定して、最大送信距離を保証するために不可欠であり、これにより、規制電力制限に準拠しながら送信範囲を広げることができる。
 LTC5596は帯域幅が非常に広いので、最小限の較正を行うだけで、共通の設計を用いて複数の周波数帯域でシームレスに検出動作することができる。例えば、LTC5596は10GHz以下のバックホール・マイクロ波リンクにおいて、28GHzバージョンと同様に良好に動作する。再較正なしで同一の設計を使用することは、装置メーカーにとって大幅なコスト削減になる可能性がある。さらに、LTC5596は周波数範囲が広く感度が高いので、レーダー・システム、航空電子、無線インフラの基地局、衛星通信、テスト装置などの様々なアプリケーションで使用できる。
 LTC5596は3.3V単電源で動作し、電源電流は公称30mA。この検出器は高いESD 保護性能を備えている。すべてのピンは最大3500Vの放電(人体モデル)に耐えることができる。また、このデバイスには2つの温度グレードがあり、インダストリアル・グレードは−40℃〜105℃で動作するように設計されている。高温(H)グレードは大電力RFパワー・アンプのような高温の動作環境にあるアプリケーションに対応しており、−40℃〜125℃の動作温度範囲で仕様が規定されている。
  Hグレードは全温度範囲で全数テスト済みで、スロープとインターセプト・ポイントにおいて小さい許容誤差が保証され、デバイス間のばらつきが低減されている。どちらの温度バージョンも2mm x 2mmのプラスチック8ピンDFNパッケージで供給される。

URL=http://www.linear-tech.co.jp/product/LTC5599








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向