.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2016年9月27日

ジャパンディスプレイ、車載向け12.3型曲面LCDを開発

 ジャパンディスプレイは2016年9月26日、自動車向けに12.3型の曲面液晶ディスプレイ(LCD)を開発し、サンプル出荷を開始したことを発表した。
 本製品は、低温ポリシリコン(LTPS)技術をベースとしたシステムインテグレーション技術を活かし、駆動回路のガラス基板上への集積化、ドライバーIC数の最小化を図った。LTPSディスプレイとしたことで、従来のアモルファスシリコンでは実現することの難しかったシンプルなモジュール構成とすることが可能となり、凹方向曲面の曲率R1500を実現した。高輝度、広視野角、高コントラストにより、昼夜を問わず優れた視認性を実現している。
 同製品は、当社独自の構造を確立し、組み立てにおいては量産用設備の導入も整い量産化が可能となっている。さらに、コーナーカットなどの異形状やインセルタッチ技術を搭載したPixelEyesTMとすることも可能となっている。さらに自動車内の湾曲したコックピットの形と一体化したデザインを実現可能とした曲面ディスプレイとなっている。
 新製品の主な仕様は以下の通り。液晶モードはIPS。画面サイズは対角31.24cm(12.3型)で、画素数は1920×RGB×720、曲面曲率はR1500 (凹曲面)。製品外形寸法は350.6mm (W)×140.2mm (H)×22.3mm (D)。表面輝度が1000cd/m2(Typ.)、コントラスト比は1500:1(Typ.)。

URL=http://www.j-display.com/news/2016/20160926.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向